水彩画教室でカステルヌーの風景を描きました。
2年前に、訪れたところです。
どの建物も全てがレンガでできており、
どこも絵になる風景でした。
にしては、風景にできるような写真があまり残っておりませんが。
ということで、今回はカステルヌーの風景の水彩画のご紹介をします。

光と影を強調してコントラストを付ける

この水彩画の好きなところは、
光と影を、明るさと暗さのコントラストで表現するところ。
影は、できるだけ単色ではなく色を混ぜることで、
透明水彩画らしさを表現できます。

緑のネガティブペインティングで、生い茂った感じを表現

あとは、建物のに所々に這ってあるつたのような植物を
ネガティブペインティングで表現しました。

最後に

今回講座で教えてもらったこの透明な感じ。好きです。
また近いうちに、旅行シリーズの水彩画を描きたいです。